SigtunaCorrection


2017.06.14更
所沢マルチメディアデイジー
Home Page

Copyright© 所沢マルチメディアデイジー All Rights Reserved





 SigtunaCorrection Ver.3.1.0 (2015.10.01)

SigtunaCorrectionを使用することで
バージョン8以降のInternet Exploreがインストールされた環境下でも
SigtunaDAR3を使ってDAISY図書の作成・編集をスムーズに行うことができます。

SigtunaCorrectionの機能には、大きく分けて次の二つの面があります。
(1) SigtunaDAR3使用による不具合の修正

バージョン8以降のInternet Explorerがインストールされた環境下でSigtunaDAR3を使用して作成・編集されたDAISY図書に生ずる不具合を修正します。

(
2) 見出し項目の追加・削除・移動・レベルの変更等の編集

見出し項目(hタグが付与され、ナビゲーションバーに表示される)を移動あるいは削除したり、また新規に見出しを追加したり、見出しレベルを変更する等の、見出し編集を容易に実行することができます。


画面1(起動画面)  修正するプロジェクトを選択する


画面2  修正項目の選択
(この画面で見出しの追加や削除もできます


今回のアップデートにおける修正点は以下のとおりです。
お気づきの点がございましたらご連絡いただければと思います

「見出しの編集」画面に「spanに変更」を追加
 見出し(hタグの付いたテキスト)から再生時にナビゲーションに表示されないspan付きのテキスに変更する機能を追加しました。
 〇 処理結果の表示を変更
 これまでは、必ずしもすべてのファイル変更が結果に表示されていませんでした。今回のバージョンアップで、変更されたファイルのすべてについて表示するように修正しました。
メニューバー
 メニューバーを設け、ユーザー・マニュアルとバージョン情報とを参照できるようにしました。

  ダウンロード
大変残念ですが、下記のソフトは
開発者の一身上の都合により、2017年4月末をもちまして開発は終了となりました。
既に不具合が生じてきたものもあるようですので、順次ホームページでの提供も終了とさせていただきます。
ご利用いただきました皆様、ありがとうございました。  2017.06.14

● SigtunaCorrection Ver.3.1.0
● マニュアル
   マニュアルは、メニューバーの「ヘルプ」からも参照できます。

著作権に関して
本プログラムはフリーソフトですが、著作権は所沢マルチメディアデイジーの正井良知が所有しています。
本プログラムの利用に関して生じたいかなる不具合や損害に対しても、著作権者は一切責任を負いません。
本プログラムの利用に関する質問には、著作権者の余力のある限り応じるつもりですが、サポートの義務は負っておりません。
本プログラムは通知なく改訂する場合があります。
なお、第三者が本プログラムならびに付属する操作説明書を改変する場合は、著作権者の書面による許可を必要とします。


SigtunDAR3について
SigtunaDAR3というのは、マルチメディアデイジー図書を製作するためのソフトです。日本では、非営利に限り、(財)日本リハビリテーション協会より無償で提供されます。

このSigtunaですが、Internet ExplorerのVersion 8以上がインストールされたパソコン(Windows 7 PC等)で使用すると、プロジェクトに含まれるフォルダやファイルにいくつかの不具合が発生して、正常な図書が作成できません。
そこで、所沢マルチメディアデイジーのメンバーが、このような環境下でSigtunaによりDaisy図書を作成・編集した後に生じる不具合を修復するプログラム「SigtunaCorrection」を製作しました。

SigtunaCorrection 更新履歴
〇2013.08.29 Ver. 2.2.1
「見出しの編集」画面で見出し追加の機能をサポート
〇2013.08.11 Ver. 2.1.0
「見出しの編集」画面でドラッグアンドドロップによる見出しの移動をサポート
〇2013.04.30 Ver. 2.0.0
複数のプロジェクトを結合したプロジェクトに対応
「見出しの編集」画面を新設し、見出しの移動・削除、レベルの変更をサポート
〇2013.01.09 Ver. 1.0.0 
新規開発

DAISY Software
所沢マルチメディアデイジー HOme page